阪神・青柳「110球の成長物語」 プロ初勝利の仙台を舞台に、同じ球数で進化示した8回2失点

[ 2021年6月11日 21:47 ]

交流戦   阪神3ー2楽天 ( 2021年6月11日    楽天生命パーク )

<楽・神(1> 7回を投げ終え笑顔の阪神・青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・青柳が、8回5安打2失点の快投で今季5勝目を挙げた。2回までに2失点のスタートも尻上がりに調子を上げ追加点を与えない。6回にマルテの逆転2ランが飛び出し「マルちゃんの一発で勝ちゲームになったので何とかその点差を守ろうと思って頑張りました」と8回まで投げ抜いた。

 仙台は16年6月1日にプロ初勝利を挙げた思い出の地。奇しくも、5年前も同じ110球で5回1失点だった。「(初登板の)あの時は本当、プロ野球選手じゃなかったというか…アマチュアみたいなピッチングだったので。初登板の場所でこういうピッチングできたので。すべてが成長かなと思います」。5年の時を経て、背番号50はチームを背負う主戦投手となって帰ってきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース