阪神・サンズ 攻守にハッスル「いい仕事できた」初の一塁先発で美技2つ&ダメ押し適時打 

[ 2021年6月11日 05:30 ]

交流戦   阪神4ー2日本ハム ( 2021年6月10日    札幌D )

<日・神> 6回1死一、二塁、西川のライナーをキャッチしたサンズは、飛び出した一塁走者・浅間にタッチ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 来日2年目で初めて一塁スタメンの阪神・サンズが走攻守に大ハッスルだ。特に目立ったのが一塁守備の動きだ。5回2死から野村の一直に飛びつくと、6回1死一、二塁では西川の一直をキャッチした上で一塁走者にタッチして併殺に成功。素早い動きでチームを盛り上げた。「日本では1軍で初めて守ったけど、これまでたくさん守ってきたポジションだし、何の違和感もなかった。守りでもチームに貢献することを常に心がけているからね」

 打席でも1点差に迫られた8回1死二塁、玉井から中前に運ぶダメ押し適時打。「すしもおいしい」とお気に入りの札幌で3試合連続安打、6打点と存在感を発揮。2回には今季初盗塁も記録した。

 「輝が出てくれたから、何としても還そうと思った。投手も粘ってくれたし、いい仕事ができた」。球宴ファン投票の外野手部門でも3位に浮上し、佐藤輝、近本とともに、セの外野を独占。気分良く仙台に乗り込む。(鈴木 光)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース