巨人4年目・湯浅 うれしい初安打、記念球には原監督からメッセージ「2000本目指せ」

[ 2021年6月11日 23:13 ]

交流戦   巨人5ー1ロッテ ( 2021年6月11日    ZOZOマリン )

プロ初安打のボールを手に笑顔の巨人・湯浅(球団提供)
Photo By 提供写真

 巨人の高卒4年目・湯浅大内野手(21)が通算10打席目、今季初打席でプロ初安打をマークした。8回、ウィーラーの代走で途中出場。迎えた9回の打席で4番手・成田の5球目を捉え、左中間へ二塁打を放ち「ようやく初ヒットが打ててうれしい。引き続き、たくさんヒットが打てるように頑張ります」と喜んだ。

 原監督から直筆で「大君へ。プロ初ヒット!2000本目指せ!」とメッセージが書かれた記念球を手に笑顔を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース