スアレス無双 9回を締めた阪神の守護神が両リーグ最速20S 球児の11試合連続Sの球団記録にも並んだ

[ 2021年6月11日 21:21 ]

交流戦   阪神3ー2楽天 ( 2021年6月11日    楽天生命パーク )

<楽・神(1)> 最後を締めた阪神・スアレスは梅野とエアタッチをかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 鉄壁の守護神だ。1点差で迎えた9回、阪神・スアレスが岡島から始まる相手の反撃を3人で片付け、両リーグ最速で20セーブをマーク。藤川球児氏が08年に記録した11試合連続セーブの球団記録にも並ぶ快挙を達成した。

 「20セーブというのは分かるけど、11試合連続の記録については知らなかった。とにかくチームがいい戦いをしていて、セーブを挙げる機会が多いということだね」と札幌からの移動日なしの試合にも疲れは見せなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース