上武大・ブライト ソロ弾含む2安打2打点で4年ぶり4強貢献「本塁打は狙っていた」

[ 2021年6月11日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権・準々決勝   上武大11-3東農大北海道オホーツク ( 2021年6月10日    神宮 )

<東農大北海道オホーツク・上武大>4回、左越えソロ本塁打を放つ上武大・ブライト(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 準々決勝4試合が行われ、上武大は今秋のドラフト候補に挙がる主砲ブライトが7回コールド勝ちに貢献。4回のソロアーチを含む2安打2打点。

 「本塁打は狙っていた。(チームは)3戦目で振れてきています」と手応えを口にした。関甲新学生リーグ戦14試合で13本塁打を誇る強力打線は3本塁打を含む11得点。

 4年ぶりの4強進出に「隙なく勝利したい」と13年以来の頂点を見据えた。

 ▼東農大北海道オホーツク・三垣勝巳監督(前回大会に続く4強ならず)実力不足。相手に全力でぶつかれていないのかな、というところがある。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース