27年ぶりの快挙まで、あと2回だ オリ由伸が7回を終えパーフェクト 槙原以来の「夢」実現か

[ 2021年6月11日 19:47 ]

交流戦   オリックスー広島 ( 2021年6月11日    京セラD )

<オ・広(1)>5回2死、板倉の一塁ゴロに打ち取り2死のサインを出すオリックス・山本(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックス山本がついに7回まで一人の走者も出さずに投げ切った。7回先頭の羽月に対し、いきなりカウント3ー0。やや硬さが見えたものの、2球ストライクを続け、一ゴロに打ち取った。続く西川も一ゴロ。林は「宝刀」フォークで空振り三振に仕留め、ベンチへ戻る時、気合いを入れなおすように雄たけびを上げた。

 プロ野球で最後の完全試合は、槙原(巨人)が1994年に記録。27年ぶりの「夢」が確実に近づいている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース