阪神、糸原が1軍合流「今日からガムシャラに」特例抹消中のガンケルも…首位固めへ“役者”が次々に合流

[ 2021年6月11日 15:23 ]

1軍に合流した糸原(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の糸原健斗内野手(28)が11日、楽天戦の試合前練習に合流した。

 下肢のコンディショニング不良で5月19日に出場選手登録を抹消。離脱前は打率・307と打線をけん引してきた男は「チームに戻ってくることができて嬉しく思っています。離脱してしまいチームに迷惑をかけてしまったので、今日からまたチームの勝利のためにガムシャラにプレーしていきたいと思います。そして、支えてくれている全ての方々やファンの皆さまに恩返しができるように頑張っていきたいと思います」と決意を新たにした。

 また、喉の痛みなどで6日のソフトバンク戦の先発を回避したガンケルも合流。「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録を外れている右腕だが、球団によるとこの日までに再度、検査を受け新型コロナウイルス「陰性」判定が確認されているという。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース