阪神・矢野監督 両リーグ最速20Sのスアレスに最敬礼「完璧な投球をしてくれた」

[ 2021年6月11日 21:48 ]

交流戦   阪神3ー2楽天 ( 2021年6月11日    楽天生命パーク )

<楽・神(1)>20セーブ目を挙げた阪神・スアレス(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・矢野監督は試合後、両リーグ最速で20セーブをマークしたスアレスについて言及した。

 「何とかスアちゃんにつなぐということをオレ自身も考えているし。逆に昨日みたいに3点ある方がスアちゃんにとっては難しい。今日も連投になったけど、完璧な投球をしてくれた」

 鉄壁の守護神に改めて厚い信頼を寄せ、高く評価した。

 一方、先発で8回まで粘った青柳についても「結果、8回まで行ってくれたっていうのはすごく助かったし。まあそういう粘りっていうところにまた成長ももちろん感じるし。やっぱりヤギのピッチングというのが一番、勝利の貢献度は高いよね」と貢献度を絶賛した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース