阪神・佐藤輝 “モノノフ的対決”「あーりん」打てなかったけど、「しおりん」打った

[ 2021年6月11日 05:30 ]

交流戦   阪神4ー2日本ハム ( 2021年6月10日    札幌D )

<日・神>8回1死、佐藤輝は右翼線二塁打を放つ(投手・玉井)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 貴重な追加点の足がかりは、怪物新人の一打からだった。1点差に迫られた直後の8回1死、阪神・佐藤輝の追い込まれながら玉井のチェンジアップを捉えた打球は、あっという間に一塁手の左を抜ける右翼線への二塁打。代走を送られお役御免となった後、サンズの適時打が生まれた。大ファンのアイドルグループ「ももいろクローバーZ」佐々木彩夏の愛称「あーりん」と同じ名前の先発・アーリンには2打数無安打に抑えられたが、同じくメンバーの玉井詩織と同姓の右腕からの安打で勝利に貢献した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース