阪神・青柳 先発の仕事全うした8回2失点 プロ初勝利をマークした「思い出の」仙台で貫禄ピッチ

[ 2021年6月11日 20:44 ]

交流戦   楽天ー阪神 ( 2021年6月11日    楽天生命パーク )

<楽・神(1> 7回を投げ終え笑顔の阪神・青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 思い出のマウンドで快投を披露した。阪神・青柳は序盤に失点したものの、尻上がりに調子を上げ8回5安打2失点。勝利投手の権利を手にして降板した。

 茂木のソロなどで2回までに2失点と先手を奪われながら、それ以上の追加点は与えなかった。仙台は1年目の16年6月1日にプロ初登板初勝利をマークした縁起の良い場所。今やローテの中心になった右腕が成長を見せつけた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース