ソフトB・松田、パ三塁手最多出場1775試合 チームは引き分け交流戦V消滅

[ 2021年6月11日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク1―1広島 ( 2021年6月10日    ペイペイD )

<ソ・広>パ・リーグの三塁手最多出場記録を更新しボードを掲げる松田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・松田が三塁手での出場を1775試合に伸ばし、有藤通世(ロッテ)を抜いてパ・リーグ最多記録を塗り替えた。

 プロ野球では歴代4位で最多は長嶋茂雄(巨人)の2172試合。プロ16年目で新たな勲章を手に「たくさんの人に支えられてここまで積み重ねられた」と感謝した。

 工藤監督は「こういう記録は積み重ね。それができるのが彼の魅力」と目を細めた。試合は打線が低調で今季11度目の引き分けに終わり、今季の交流戦優勝が消滅した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース