「完全」逃したオリ由伸がまさかの告白 「3回から意識」に、決勝打の杉本も仰天「はやっ!」

[ 2021年6月11日 21:56 ]

交流戦   オリックス4ー0広島 ( 2021年6月11日    京セラD )

<オ・広(1)>ヒーローインタビューで笑顔のガッツポーズを決める(左から)オリックス・杉本、山本(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスはエース・山本が圧巻の投球。7回まで1人の走者も許さないパーフェクト投球を披露した。8回に2安打を許して大記録はならずも、自己最多となる毎回の15三振を奪った。

 お立ち台には決勝打の杉本と一緒に上がった右腕。インタビュアーに完全試合への意識を聞かれると「そうですね。調子も凄く良かったので、3回ぐらいから意識して、やられました」。何と試合の序盤からパーフェクトを意識していたという仰天の告白。横にいた杉本も思わず「はやっ!」と突っ込みを入れるほどだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月11日のニュース