オリックス“痛い”ドロー 3点リード守れず3勝目スルリ 西村監督「点を取った直後だっただけに…」

[ 2020年7月4日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4-4西武 ( 2020年7月3日    メットライフD )

<西・オ4>最後は山田が締めて延長10回引き分け(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 つかみかけた白星がこぼれ落ちた。オリックスは最大3点リードを追いつかれ、今季初の引き分け。西村監督は「6回のところ。点を取った直後だっただけに…」と悔やんだ。

 継投が誤算だった。ジョーンズの来日初適時打とT―岡田の3号3ランで4―1とした直後の6回。救援した増井が、中村に2号ソロを浴びるなどして1死しか奪えず。海田も勢いを止められなかった。

 9回には守護神ディクソンが1死満塁のサヨナラ危機を招いたが、何とか耐えた。指揮官は「当然そう(勝ちたい)いう気持ちはあるし、選手も強い思いでやっている。でも負けなかったわけですから」と前向きに捉えた。 (湯澤 涼)

 ▼オリックス・榊原(今季初先発で5回1失点も救援が打たれ今季初勝利ならず)3者凡退のイニングがなく球数が多くなったのは反省。粘って試合をつくれたのは良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース