DeNA・ソトが先制弾、右翼ポール際に12試合ぶり2号「いい風が吹いてくれた」

[ 2020年7月4日 18:45 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2020年7月4日    神宮 )

<ヤ・D>初回2死、ソトが右越え先制ソロを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNA・ソトが初回に先制の2号ソロを放った。

 ヤクルト・小川の142キロのカットボールを右翼ポール際に運び「いい風が吹いてくれた。しっかり(ボールを)前でとらえることができた」と振り返った。

 神宮は日中から強風が吹き、試合開始時点でもホームベースから中堅方向へ強い風が吹いていた。

 風にも乗ってのアーチは、自身12試合ぶりの一発となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース