大船渡・前川が完投勝利 朗希から背番号「1」を継承

[ 2020年7月4日 05:30 ]

岩手県大会 沿岸南地区予選1回戦   大船渡10―1大槌 ( 2020年7月3日    平田公園野球場 )

1失点完投勝利の大船渡・前川
Photo By スポニチ

 岩手県高野連が独自に開催する代替大会は3日、地区予選9試合が行われ、沿岸南地区ではロッテの佐々木朗希投手(18)の母校・大船渡が1回戦で大槌を10―1で下し、初陣を飾った。佐々木朗から背番号1を受け継いだ前川真斗(まなと)投手(3年)が1失点完投。2番打者としても3安打3打点の大活躍を演じた。

 「昨年の秋くらいまでは朗希さんのことを意識しすぎていた。自分らしい投球を意識してから変わってきた」。1メートル61の左腕。1メートル90の佐々木朗とは29センチも違い、最速も125キロで40キロ近く差がある。それでもスローカーブを駆使し、直球との緩急を生かした。

 9回に左中間適時二塁打を放った際、左足のふくらはぎをつり、二塁ベース上でうずくまった。それでも111球を投げ抜いた。
 「朗希さんと一緒に練習をやって、一日一日の練習への執着心、貪欲な気持ちを学ぶことができました」。そんな先輩から2日前にLINEで「頑張れ」と激励のメッセージを受け、エースの役目を果たした。 (柳内 遼平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース