オリックス・T―岡田 3号弾&2年ぶり先発左翼でダイビングキャッチ

[ 2020年7月4日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4-4西武 ( 2020年7月3日    メットライフD )

<西・オ4>6回2死一、二塁、勝ち越しの右越え3ランを放つT-岡田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 オリックスのT―岡田が特大の3号3ランを放った。「甘いところに来たら、いこうと思っていました」。6回にジョーンズの左前適時打で追いつき、なおも2死一、二塁でニールの初球を右翼席上段へ運んだ。

 守備では18年10月5日ソフトバンク戦以来の先発左翼で5回1死三塁で森の飛球をダイビング好捕するなど盛り立てた。右翼で拙守が続いていたジョーンズをDH起用したための措置。T―岡田は「緊張したけど、全力で頑張ろうと思っていた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース