ヤクルト・石川 制球乱れ4回途中5失点 高津監督「勝ちをつけたいという思いもあったけど…」

[ 2020年7月4日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4ー5DeNA ( 2020年7月3日    神宮 )

<ヤ・D>ヤクルト先発・石川(撮影・村上 大輔)  
Photo By スポニチ

 ヤクルト先発のベテラン左腕・石川が4回途中5失点降板。打線の援護を受けながら珍しく制球を乱し、踏ん張れなかった。19日の開幕戦から2試合勝ち星がつかず、この日は敗戦投手。高津監督は「石川に勝ちをつけたいというチームの思いもあった。彼なりに粘ったけど…」と振り返った。

 チームも2位浮上を逃し、勝率5割に逆戻り。ただ、無失点のリリーフ陣に、高津監督は「褒めてやっていい」と光明を見いだしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース