DeNA・宮崎 昨季打率5割超のヤクルト石川からマルチ

[ 2020年7月4日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―4ヤクルト ( 2020年7月3日    神宮 )

<ヤ・D>3回2死一、二塁、中前適時打を放つ宮崎(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの宮崎が昨季も7打数4安打の打率・571とカモにした左腕・石川から2安打。3回2死一、二塁では一時勝ち越しとなる中前適時打を放ち「得点圏に走者がいたので、甘いボールが来たら積極的にいくと決めていた」と話した。

 打率・440はリーグ2位。この日は3~7番が1打点ずつを挙げたが、「恐怖の6番」宮崎の存在感は際立っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース