中日・大野雄 またも一発病で2敗目 開幕3戦で早くも被本塁打6

[ 2020年7月4日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0-5巨人 ( 2020年7月3日    東京D )

<巨・中1>7回2死二塁 石川の打球をビシエドが失策し天を仰ぐ大野雄(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 7回4安打2失点10奪三振の好投も、中日・大野雄がまた一発に泣いた。

 0―0の6回1死から坂本に先制ソロを浴び開幕3戦で被本塁打は6。「我慢比べだったのですが、仲間が点を取ってくれるまでは0点で粘りたかった」と天を仰いだ。

 勝ち星がなく2敗目も、与田監督は「これまでの悪かったところをしっかり修正して投げてくれた」と次回登板に期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース