中日先発・吉見 2発浴び4回4失点で降板「立ち上がりでやられてしまった」

[ 2020年7月4日 15:31 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2020年7月4日    東京D )

<巨・中>初回無死一、二塁、丸(左)に先制の3ランを浴びた吉見(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日の先発・吉見は4回6安打4失点で降板。

 初回無死一、二塁から丸に右翼席へ先制3ランを浴びると、2回には坂本にソロを被弾。3、4回は持ち直したものの60球でマウンドを降り「最近の課題である立ち上がりでやられてしまった。しかも複数失点。同じ事を繰り返してしまった」と反省。

 「投げている感じは悪くないが、結果がすべてなので、次やり返せるように今日からまた準備したいと思います」とリベンジを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース