ソフトバンク・東浜、グラウンド内外での「姿勢」変わった

[ 2020年7月4日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―1日本ハム ( 2020年7月3日    札幌D )

東浜の2019年のフォーム(左)と2020年のフォーム
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・工藤監督は今季の開幕投手を託した東浜について「キャンプから取り組む姿勢を見て決めた」と言った。

 昨年6月に手術を受けた右肘は、オフの期間から休まずに復活に向けたトレーニングを重ねてきた。迎えた今季、マウンドでも「姿勢」が変わった。ワインドアップでの両足の角度は昨年はホームベースに向け真っすぐに構えていたが、今年は三塁側に45度、傾けた。左足をスムーズに上げ、フォームのバランスを整えるためのマイナーチェンジ。常に進化を求める東浜だからこそ、打線の援護を呼び込み、復活勝利につながったのだろう。(ソフトバンク担当・川島 毅洋)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース