DeNA・ソト 2年ぶり自己最多タイ4安打、初回と9回の2発も実らず

[ 2020年7月4日 22:41 ]

セ・リーグ   DeNA8―10ヤクルト ( 2020年7月4日    神宮 )

<ヤ・D>9回無死二塁、左越え2ランを放つソト(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・ソトの2年ぶりとなる4安打も勝利には結びつかなかった。

 初回2死で強い風に乗って右翼ポール際に先制の2号ソロ。3回1死一、二塁で左前適時打を放つと、7回2死でも左前打。最後は4点を追う9回、無死二塁で「フォークを前でとらえることができた」と3号2ランを左中間スタンドに叩き込んだ。

 オースティンが左大腿部の張りでスタメンを外れる中、4安打4打点の大爆発。4安打は18年8月12日の阪神戦以来4度目で、自己最多タイだったが勝利にはつながらなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース