阪神・ボーアが積極走塁でベルトちぎれる珍プレー

[ 2020年7月4日 15:15 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年7月4日    マツダ )

<広・神>3回2死、ボーアは右翼線に安打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・ボーアの積極走塁で珍プレーが発生した。3回2死で大瀬良の内角カットボールを捉えると、打球は右翼フェンスを直撃。ボーアは122キロの巨体を揺らしながら二塁を狙い、豪快なヘッドスライディングでベースに手を伸ばしたが、わずかにベース手前でタッチアウト。起き上がると衝撃からか、ベルトがちぎれるハプニングが起こった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース