巨人 サカマルがアベック弾! 2回で4点リード 坂本は前夜からノリノリ2戦連発

[ 2020年7月4日 14:47 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2020年7月4日    東京D )

<巨・中2>2回2死、吉見(左)から左中間へソロを放つ坂本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(31)が中日戦(東京D)の2回に2試合連発となる3号ソロ本塁打を放ち、チームのリードを4点に広げた。

 坂本は「2番・遊撃手」で先発出場。初回に3番・丸の2号3ランで3点をリードして迎えた2回、2死走者なしの場面で入った第2打席で、中日先発のベテラン右腕・吉見が投じた初球の内角寄りシュートを左中間スタンドに叩き込んだ。

 坂本は前夜の中日戦(東京D)でも6回の第3打席で先発左腕・大野雄から2号ソロを放っており、これで2戦連発となった。

 ▼巨人・坂本 打ったのはシュート。一振りで仕留めることができた。しっかり振りぬけましたし、追加点がとれてよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース