日本ハム・有原、開幕3連敗…6回バレに被弾反省「悔いが残る」

[ 2020年7月4日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―4ソフトバンク ( 2020年7月3日    札幌D )

6回1死一塁、バレンティンに勝ち負けの2点本塁打を打たれた有原(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの開幕投手の有原が8回4失点と粘りの投球を見せたが、打線が12残塁の拙攻で開幕3連敗を喫した。初回に先制点をもらい、5回までは3安打無失点。

 しかし、6回にバレンティンに2ランを許すなど3失点し「本塁打での失点は一番やってはいけない。悔いが残る」と反省した。今季有原が登板した3試合で合計2得点しか奪えず、栗山監督は「勝たせてあげないといけない」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月4日のニュース