巨人・原監督、M5に「まだまだ」も「またまた…ぐらいになったのかな。ね?」死球の阿部は検査へ

[ 2019年9月15日 17:45 ]

セ・リーグ   巨人6―5阪神 ( 2019年9月15日    東京D )

<巨・神>劇的な逆転勝ちでマジックを5とし、ゲレーロ(左)と笑顔で抱き合う原監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人が終盤の効果的な2本塁打で阪神戦(東京D)に6―5で勝利を収め、5年ぶり優勝へのマジックを1つ減らしてまずは「5」とした。午後6時試合開始となる2位・DeNAの結果しだいでは「4」となる。また、3位以内が確定し、両リーグ一番乗りで、2年連続12度目となるクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

 7回に代打・石川が左翼スタンド後方の看板を直撃する特大4号ソロを放って4―5と1点差に迫ると、8回には2死一塁でゲレーロが左中間スタンドへ起死回生の20号2ラン。9回は守護神・デラロサが1点差を守り切った。

 劇的な勝利をものにした原監督は「試合を決めたのはゲレーロでしたね」の問いかけに「ですねぇ」と満面笑み。「なんていうか…チームにとってもね、本人もかなり落ち込んでたっていう点でね。まさに起死回生…だったんじゃないでしょうかね」と続けた。

 7回に代打でソロ弾を放った石川については「彼の思い切りの良さが出た」とし「少しでも勢いのある人がグラウンドに立った方がいいだろうということで、いい形になった」と代打策成功に満足げ。また、6回に右手指付近に死球を受けて交代した阿部については「検査に行ったと思うんですが。まだ私の耳には入っておりません」と話すにとどまった。

 これでマジックは1つ減って「5」に。5年ぶりVへカウントダウンに入っても「まだまだ」と強調していた指揮官だが、この日も「う~ん…まだまだ!」と苦笑いしながらキッパリ。それでも「またまた…ぐらいになったのかな。ね?」と濁点が取れたぐらいになったとし、えびす顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース