日本ハム 3年連続V逸 残り10試合で3位に4・5ゲーム差

[ 2019年9月15日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―3ソフトバンク ( 2019年9月14日    札幌D )

6回終了後、投手交代を告げベンチに戻る栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは打線が沈黙して3年連続のV逸が決まった。

 2回無死一、二塁では平沼が送りバントに失敗するなど後続が倒れ1点を追う4回無死満塁は同点止まり。15勝目を狙って6回3失点と粘った有原を援護できず栗山監督は「なかなか点を取ってあげられなかった」と悔やんだ。

 7月終了時は首位と0・5ゲーム差の2位も8月に20敗。先発要員の上沢、マルティネスを故障で欠いたことも痛かったが、中田ら打線の核も安定しなかった。残り10試合で3位に4・5ゲーム差と苦境は続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース