コマニー 平井 名誉挽回打「何としても打ちたかった」

[ 2019年9月15日 05:30 ]

天皇賜杯第74回全日本軟式野球大会1回戦   コマニー2-1親和銀行 ( 2019年9月14日    松本市野球場ほか )

 石川・コマニーは、同点の7回2死二塁から8番・平井の中前決勝タイムリーで勝負を決めた。

 直前の7回表の守りでは、2死二塁からの左前打を左翼手としてファンブルして同点とされていただけに「自分のミスで同点になったので、あの打席は何としても打ちたかった。狙い通りの真っすぐをうまく打ち返せた」とガッツポーズだった。日下部健太郎監督は「失敗した後、うまく切り替えて打ってくれました」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース