雄星、2回途中5失点で10敗 先発残り2戦「何とかいい形で終わりたい」

[ 2019年9月15日 05:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ7-9ホワイトソックス ( 2019年9月13日    シアトル )

3回途中、サービス監督(右)に降板を告げられるマリナーズ・菊池
Photo By 共同

 マリナーズの菊池はショートスタートを除きメジャー最短の2回1/3を10安打5失点でKO。球団史上6人目の新人30先発も、1年目の日本人投手では6人目の10敗を喫した。

 「甘く入ったところを全部持っていかれた」。今季105失点は両リーグワースト5位タイで36被本塁打も同3位タイ。残り先発はあと2戦で「何とかいい形で終わりたい」と切実だった。また今季限りで引退したイチロー氏の功績を称え「イチロー・ウイークエンド」がスタート。

 試合後には大型ビジョンにハイライト映像が流され、花火が打ち上げられた。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース