元阪神投手のバッキー氏死去 82歳、1964年の優勝貢献 通算100勝

[ 2019年9月15日 12:40 ]

死去したジーン・バッキー氏
Photo By 共同

 阪神の主力投手として活躍し、沢村賞も受賞したジーン・バッキー氏が14日(日本時間15日未明)、故郷の米ルイジアナ州ラファイエットの病院で死去した。82歳だった。米メディアによると、腹部動脈瘤(りゅう)手術後に合併症を併発した。

 1937年8月12日生まれ、米ルイジアナ州出身。サウスウエスタン・ルイジアナ大卒業後、3Aハワイ・アイランダース(消滅)を解雇となり、日系人チーム・ハワイ朝日軍でプレーしていた。1962年7月、来日してテストを受けたうえ、阪神に入団した。

 64年に29勝(9敗)をあげ、防御率1・89で最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得、リーグ優勝に貢献した。外国人投手初の沢村賞に輝いた。

 長身からの速球やナックルボールを操り、上手、時に横手からの変幻自在、闘志をむき出しにした投球で村山実らとともに王貞治、長嶋茂雄のONコンビを擁する巨人を苦しめた。65年6月28日の巨人戦(甲子園)ではノーヒットノーランを達成した。

 68年9月18日の巨人戦(甲子園)で起きた乱闘騒ぎでは巨人・荒川博コーチとの争いで右手親指を骨折。負傷後は力が落ちた。69年に近鉄移籍、0勝7敗に終わって同年限りで引退した。8年間で100勝80敗。

 1980年代の強打者ランディ・バースと並び、球団史に大きな足跡を残した外国人選手。陽気な笑顔が「バッキー・スマイル」と呼ばれて親しまれた。

 来日当初は夫人とともに甲子園球場近くの文化住宅(アパート)に暮らし、自転車で球場に通った。日本に溶け込み、当時の藤本定義監督は「日本人以上に日本人らしい助っ人だった」と評した。

 引退後は米国で高校や中学校の教師を務め、牧場も経営していた。2018年11月に発足した日本プロ野球外国人OB選手会では名誉会長を務めていた。

 また、阪神の後輩にあたるランディ・メッセンジャー投手とは2013年、SNSを通じて連絡を取り合う間柄だった。メッセンジャーは自身の通算100勝目がかかった試合に「バッキーさんを招待したい」と話していた。メッセンジャーは通算98勝で今月13日、球団に今季限りでの引退を申し出ていた。バッキー氏は来日はかなわないまま、天国に旅立った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース