巨人・坂本勇が7試合ぶり36号!ソトと4差に 復帰のエース菅野に贈る貴重な追加点

[ 2019年9月15日 15:08 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年9月15日    東京D )

<巨・神>3回2死、坂本勇は左越えソロを放つ(投手・岩貞)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(30)が阪神戦(東京D)の3回に7試合ぶりとなる今季36号ソロ本塁打を放ち、リーグトップの40本塁打を放っているソト(DeNA)に4本差とした。

 坂本勇は「2番・遊撃」で先発出場。2―1で迎えた3回、2死走者なしで入った第2打席で阪神先発左腕・岩貞が投じたカウント2ボール1ストライクからの4球目、真ん中低めのチェンジアップをすくって左翼スタンドへ放り込んだ。

 前日14日の広島戦(東京D)では敬遠1つを含む3四球で、この日も初回の第1打席は四球だった坂本勇にとっては13日の広島戦(東京D)第3打席で放った二塁打以来9打席ぶり安打。本塁打は7日のヤクルト戦(神宮)以来7試合ぶりとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース