ヤクルト、ひやひや逃げ切りで7年目・田川がプロ初勝利 広岡2発5打点

[ 2019年9月15日 21:51 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―7広島 ( 2019年9月15日    マツダ )

ヤクルト先発の田川(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは一発攻勢で大量リードも、救援陣が捕まって9回には1点差に。それでも守護神のマクガフが何とか踏ん張り、先発の7年目右腕・田川がプロ初勝利を挙げた。

 2回に雄平の12号2ランで先制。4回には広岡が逆方向へ7号2ランを放って4点差とすると、5回には広岡がまたも逆方向へ8号3ラン。広岡が2発5打点の活躍を見せ、5回終了時点で8―0と大量リードを奪った。

 先発の田川は1メートル89の長身から投げ下ろす直球を武器に、広島打線を5回まで3安打に抑えて無失点。6回に1点を失い、2死満塁となったところで降板となったが、5回2/3を1失点と堂々の投球を見せた。

 7回に3番手の石山が4失点、9回にマクガフも2失点して1点差に迫られたが、9回2死一、二塁から小園を空振り三振に仕留めて何とか逃げ切り。田川がうれしいプロ初勝利を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース