巨人 M6のまま 延長総力戦実らず 原監督「勝負強い人、勝負弱い人というのが、はっきり見えた」

[ 2019年9月15日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―6広島 ( 2019年9月14日    東京D )

10回1死三塁 パスボールでの失点にベンチでうつむく原監督 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人は本拠・東京ドームで広島との最終戦に延長戦の末に惜敗。マジックを6から減らせず、原監督は「今日は勝負強い人、勝負弱い人というのが、はっきり見えたんじゃない。そういうゲームでしょ」と4時間21分の死闘を振り返った。

 今季初のブルペンデー。野手は小林、投手は宮国以外の全ベンチ入り選手を起用した総力戦で、丸の勝負強さが光った。4回、試合前まで16打数1安打だったジョンソンから2ラン。5回で降板させ、9回にも適時打を放った。しかし、1死満塁でゲレーロと大城が凡退。大城は直後の10回に捕逸で決勝点を与え「全部、自分のミスです」と猛省した。

 広島戦は今季10勝14敗1分け。5年連続で負け越す宿敵とは、CSで対戦する可能性がある。一発勝負の短期決戦も見据え、指揮官は奮起を促した。 (青森 正宣)

 ≪菅野15日先発≫腰痛で出場選手登録を抹消されている菅野が、きょう15日の阪神戦(東京ドーム)で先発する。最短の10日間での復帰。この日はキャッチボールなどで調整し「早く戻らなきゃという思いはありました。自分自身に期待してマウンドに立ちたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース