中日 8年連続V逸決定も…与田監督「最後まで戦っていくしかない」

[ 2019年9月15日 21:04 ]

セ・リーグ   中日2―6DeNA ( 2019年9月15日    ナゴヤD )

<中・神>4回表、交代を告げる与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は投手陣が崩れ、手痛い1敗を喫した。

 先発・山井が今季最短となる3回2/3を2失点で降板。毎回、先頭に安打を許すなど7安打を浴び「何もないです」とうつむいた。与田監督は「良い形のヒットが多く、相手の力が上回った」と指摘した

 2番手・三ツ間も2―2の5回にロペスに勝ち越し2ランを浴びると、3番手・藤嶋も3長打で2失点。指揮官は「こういう時もある。パーフェクトは無理。結果が出る使い方を僕がしないと」と自戒を込めて振り返った。

 巨人がデーゲームで勝ったため、8年連続となるV逸が決定。それでも与田監督は「いつも言っているように最後まで戦っていくしかない」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース