ソフトB 松田宣、史上72人目の300二塁打マーク!2回の第1打席で達成

[ 2019年9月15日 14:19 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―日本ハム ( 2019年9月15日    札幌D )

<日・ソ>2回無死二塁、先制の適時二塁打を放った松田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(36)が15日の日本ハム戦に「6番・三塁」で先発出場。2回の第1打席で、史上72人目の300二塁打を記録した。

 両軍無得点で迎えた2回無死二塁の場面で日本ハムの先発右腕・杉浦と対戦。高めの直球を左翼線に運ぶ先制の二塁打を放った。その後、中村晃の犠打で三塁に進み内川の左犠飛で生還した。

 松田宣は「うまく打つことができたし、先制点を取れて良かった。300二塁打の記録に関しては試合に出場し続けた結果なので、これからも試合に出場して勝ちに貢献していきたい」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース