DeNA・宮崎 骨折から復帰後初アーチ「“入ってくれー”と思いながら走っていました」

[ 2019年9月15日 19:14 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2019年9月15日    ナゴヤD )

<中・神>4回表無死、宮崎は同点となる左越えソロホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAの宮崎敏郎内野手が左手有鉤(ゆうこう)骨骨折から復帰後初アーチを描いた。

 1―2の4回無死。山井の速球を左翼席へ運ぶ同点ソロ。7月16日広島戦以来、約2カ月ぶりの一発に「“入ってくれー”と思いながら走っていました。とにかく出塁しようと思って、打席に向かいました」と振り返った。

 宮崎は8月7日広島戦でスイングの際に左手付近を負傷。有鉤骨骨折で同9日に有鉤骨の摘出術を受け、9月12日巨人戦で1軍復帰していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース