日本ハム 浅間、右肘回内筋肉離れ 復帰まで約3週間の見込み

[ 2019年9月15日 13:09 ]

 日本ハムは15日、浅間大基外野手(23)が14日に札幌市内の病院で精密検査を受け、右肘回内筋肉離れ(1度)と診断されたと発表した。復帰まで約3週間の見込み。

 浅間は7日に4か月半ぶりに1軍昇格したものの、12日の楽天戦(東京ドーム)の守備中に違和感を訴えていた。

 今季ここまで13試合に出場、打率・207の成績だった。栗山監督は「本人とも話をした。この悔しさを受け止めなさい」とコメントした。浅間に代わって浦野博司投手が1軍登録された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース