DeNA 中日戦5年連続の勝ち越し ラミレス監督「宮崎もロペスも大きい本塁打だった」

[ 2019年9月15日 21:44 ]

セ・リーグ   DeNA6―2中日 ( 2019年9月15日    ナゴヤD )

<中・神>4回表無死、同点となる左越えソロホームランを放った宮崎(左)を迎えるラミレス監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは中日戦5年連続の勝ち越しが決まった。

 1点を追う4回無死から、宮崎が左手有鉤(ゆうこう)骨骨折から復帰3試合目初アーチで同点とすると、5回1死一塁から首の張りで欠場した筒香に代わり4番に座ったロペスの2ランで試合を決めた。ラミレス監督は「宮崎もロペスも大きい本塁打だった。残念ながら今日筒香はプレーできなかったが、これは誰にでもあり得ること。明日何事もなくプレーしてくれれば」と話した。

 3位の広島が敗れたため2位をキープし、ゲーム差を1・5に広げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月15日のニュース