【岡山】昨夏の雪辱!岡山学芸館4年ぶりV 胴上げ投手中川「自分でも“持ってる”」

[ 2019年7月29日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岡山大会決勝   岡山学芸館2―1倉敷商 ( 2019年7月28日    倉敷マスカットスタジアム )

<岡山学芸館・倉敷商>優勝を決め、中川(右)は捕手の溝上と抱き合って喜ぶ
Photo By スポニチ

 岡山学芸館(岡山)が昨夏敗れた決勝の舞台でリベンジし、4年ぶりの甲子園出場を決めた。就任1年目の佐藤貴博監督は「選手が私の言うことを信じてやってくれたから、こういう形で恩返しできたと思う」と目を細めた。

 指揮官が力を入れてきた守備が光った。竹下と知念の二遊間は何度も安打性の打球を止め、6回は左翼の金城が二塁走者の生還を阻止する補殺。先発左腕の丹羽は好投の要因を「バックがよく守ってくれたおかげ」と無失策に感謝した。

 7回途中から救援したエースの中川は、開幕試合のおかやま山陽戦で逆転サヨナラ打を放ち、この日は胴上げ投手。「自分でも“持っている”と思います」。運も味方に聖地へ乗り込む。(石丸 泰士)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース