オリ竹安、自己最悪2回0/3を7失点KO「工夫しなければ…」

[ 2019年7月29日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2-9ソフトバンク ( 2019年7月28日    ヤフオクD )

3回無死一塁、デスパイネに右越え本塁打を打たれガックリの竹安(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 オリックス・竹安が、いずれも自己最悪となる2回0/3を7失点KO。「リズムを変えるとか、工夫しなければいけなかった」と悔やんだ。

 2回に上林、3回にデスパイネと、いずれも2ランを浴びるなど序盤で大勢を決められた。西村監督は「全部甘いところにいってしまったし、球威自体もどうなのか。原因を探していかないと」と修正を促した。これでソフトバンク戦は5勝12敗1分けとなり、6年連続で勝ち越しがなくなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース