ヤクルト投壊…先発高梨、押し出し&暴投で3失点7敗目「見ての通り」

[ 2019年7月29日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5-12広島 ( 2019年7月28日    神宮 )

ヤクルト先発の高梨(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは投手陣が18安打12失点で大敗した。1点リードの2回2死満塁で先発・高梨が西川に押し出し四球を与えると、3回1死二、三塁からは暴投。制球が定まらず2回1/3を3安打4四球の3失点で7敗目。「見ての通りです」と肩を落とした。

 リリーフも打ち込まれ、3連敗で借金は今季最多の19となった。小川監督は「(高梨は)制球が良い方じゃないけど…」と言葉少なだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース