【高知】制球定まらず3失点…高知・森木「疲れを言い訳にしたくない」、来春雪辱誓う

[ 2019年7月29日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 高知大会決勝   高知1―4明徳義塾 ( 2019年7月28日    高知県立春野 )

<高知・明徳義塾>3回からマウンドに登った森木(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 高知のスーパー1年生・森木は制球が定まらず7回で7四死球を許して3失点。「下半身の弱さが出た。疲れを言い訳にしたくないけど…」とうつむいた。中学時代に軟式球で150キロを計測した右腕。6回に自ら本塁打を放ったが、及ばなかった。「この大会は3年生が与えてくれたプレゼント。野球をもっと楽しめるようレベルアップして、次の春は絶対甲子園に行きたい」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース