【埼玉】花咲徳栄、県最長5連覇 7試合101安打92得点の猛打で勝ち抜く

[ 2019年7月29日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 埼玉大会決勝   花咲徳栄11―2山村学園 ( 2019年7月28日    大宮公園 )

<花咲徳栄・山村学園>5連覇を喜ぶ花咲徳栄の選手たち(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 花咲徳栄は4番のアクシデントを結束力でカバーし、県最長記録を更新する5連覇を成し遂げた。

 「クラクラして、手足もしびれていた」。朝から体調不良に見舞われた2年生の井上はそう振り返る。それでも「4番だし、3年生と最後の大会。悔いを残したくない」と強行出場。ナインも奮起した。同じ2年生の7番・田村が2安打3打点するなど11安打11点と爆発。1安打した井上は試合中に体調が回復し、9回に右翼でダイビングキャッチを見せるなどフル出場した。

 前夜には2学年先輩の日本ハム・野村から「死ぬ気で勝てよ」と激励されたという4番打者は「ホッとした」と安ど。今大会7試合で全て2桁安打を記録し、計101安打92得点の猛打。岩井隆監督は「投手がいないのが、一番つらかったが全員がめげずにはい上がってきた」。エース左腕・中津原も2失点完投。投手陣も徐々に整い5年連続の甲子園へ向かう。 (松井 いつき)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース