【宮崎】富島、初切符! 投打で“ダブル黒木”躍動

[ 2019年7月29日 15:01 ]

第101回全国高等学校野球選手権 宮崎大会決勝   富島4―0小林西 ( 2019年7月29日    宮崎県サンマリンスタジアム )

<富島・小林西>初出場を決めた富島ナイン
Photo By スポニチ

 富島が4―0で勝利し、夏初出場を決めた。

 初回に4番・黒木剛志の適時打で先制。3回は黒木剛志の右越え本塁打で加点。4回は主将の松浦の2ランでリードした。

 投げてはエースの黒木拓が4安打完封勝利。18年のセンバツ出場はあるが、夏はうれしい初出場。浜田登監督は「いろんな人の支えがあってここまで来れた。甲子園ではまず一つ勝てるように頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース