DeNA連勝ストップ プロ初登板初先発の中川虎2回1失点で初黒星、雪辱誓う

[ 2019年7月29日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2-4中日 ( 2019年7月28日    ナゴヤD )

力投する先発の中川虎(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは1分けを挟んだ連勝が7でストップした。16日に支配下登録された中川虎が先発でプロ初登板し、2回3安打1失点で黒星を喫した。初回1死一、三塁からビシエドの中犠飛で失点。2回は1死一、三塁のピンチを何とかしのいだが、ラミレス監督は「凄くナーバスになっていた。試合に勝たないといけないし、経験を積ませるところではない」と早期交代を決断した。

 箕島から育成ドラフトで入団した19歳右腕は2軍降格となったが「次チャンスがあればストライク先行でいきたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース