楽天・山崎「打っちゃったという感じ」プロ1号も悔しサヨナラ負け

[ 2019年7月29日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3-4ロッテ ( 2019年7月28日    ZOZO )

6回2死、山崎が左越えに同点ソロを放ちホームイン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 楽天はサヨナラ負けを喫し、4位に転落した。1点を追う6回2死から山崎が「打っちゃったという感じで考える間もなかった」と左越えにプロ1号となる同点ソロ。3回には浅村の中前打に一塁から三塁を陥れる好走塁も見せ、8回の三塁守備ではファウルの打球を自軍ベンチに落下しかけながら好捕し、平石監督も「ようやってくれている」と称えた。

 ブラッシュが走塁で足を痛めて5回に途中交代。右手首痛の島内も欠場と主力に故障が相次ぐ中、2年目の山崎は「チームに貢献しようと考えている」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年7月29日のニュース