ロッテ・清田 代打サヨナラ打!連夜千金打に井口監督、母校国学院久我山より「いい試合」

[ 2019年7月29日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4-3楽天 ( 2019年7月28日    ZOZO )

9回無死満塁からサヨナラ適時打を放つ清田(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 3―3の9回無死満塁。ロッテ・清田は集中力を高めた。

 「(青山は)スライダーがいいけど(9回先頭)井上の打席では2球スライダーの後、直球がきた。絶対、真っすぐがくる」

 井上と同じ配球となった3球目を右中間へサヨナラ打。27日も、1点差の8回1死二塁で代打起用されて同点左前打。2夜連続の最高の仕事だった。

 「一番いい場面で、一番の代打を出せた。代打ではもったいないくらい」と井口監督。新外国人マーティンの加入でスタメンから外れたが、得点圏打率・347、満塁機は7打数5安打13打点、打率・714の勝負師を控えに配備することでチームの厚みは増した。

 楽天の12安打に対し、ロッテは5安打。戦略がはまった。9回無死一塁、代走・岡が初球に走る。成功率100%の今季10個目の盗塁を決める。申告敬遠で無死一、二塁となり、柿沼の犠打が野選を誘った。「足を使い、塁を埋める戦いができた」と井口監督。就任時に掲げた「走塁改革」は2年目で根付き始めた。

 この日の昼には監督室で西東京大会決勝をテレビ観戦。自身が高校2年以来となる母校・国学院久我山の夏の甲子園出場を喜んだ。「28年ぶりの甲子園出場。夜はそれ以上にいい試合ができた。甲子園1勝してほしい」。この夜だけは勝利の喜びは2倍だった。「逆転できる力がついてきた」と井口監督。チームは2連勝で3位・西武まで2・5ゲーム差。レオのしっぽも見えている。(福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース