日本人3人目の9秒台マーク、小池祐貴が8・2札幌ドーム始球式に登場

[ 2019年7月29日 14:55 ]

小池祐貴(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本ハムは29日、8月2日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で、陸上男子100メートルで日本人3人目となる9秒台を記録した小池祐貴(24=住友電工)がファーストピッチセレモニーを行うと発表した。

 小池は北海道小樽市出身で、小学校、中学校の9年間は野球に取り組み、中学3年の夏まで「エースで4番」の野球少年だった。「個人競技をやってみたい」という理由から高校進学後、本格的に陸上競技を始め、すぐに頭角を現した。今月20日のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会100メートル決勝では、日本人3人目の9秒台となる9秒98をマークした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース