【西東京】国学院久我山・高下、4連続完投で創価下す フォーム改造で球速5キロアップ

[ 2019年7月29日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 西東京大会決勝   国学院久我山4―2創価 ( 2019年7月28日    神宮 )

<国学院久我山・創価>2失点に抑え完投勝利を挙げた国学院久我山・高下(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 国学院久我山のエース右腕・高下が2失点に抑え4試合連続完投で西東京の頂点に導いた。「甘く入っても思いきり腕を振ればバックが守ってくれる。勇気が出た」。昨秋から投球時の腕の位置を以前より上げ、体を縦に使うフォーム改造が実った。球速も130キロから135キロまでアップ。

 「球速は上がったけど、コントロールを磨いてコースに投げられる勝てる投手になりたい」と貪欲だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年7月29日のニュース