【高知】明徳義塾2年ぶり20度目V、「スーパー1年生」森木を攻略

[ 2019年7月29日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 高知大会決勝   明徳義塾4―1高知 ( 2019年7月28日    高知県立春野 )

<高知・明徳義塾>夏の甲子園出場を決め、喜びの明徳義塾ナイン(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 高知のスーパー1年生・森木を攻略し、2年ぶりの出場。明徳義塾(高知)・馬淵史郎監督は「最初の夏から準決勝、決勝の連投は難しい。3年生でも難しいのに。想像以上にプレッシャーがかかって暑さもあったし、かわいそうやわね」と語った。

 初回に1点を先制し、3回に森木を引きずり出すと1死一、二塁とし、4番・安田は「真っすぐのわりに遅かった」という145キロを左前適時打。スクイズも決め、5回にも奥野が143キロを捉え、中前適時打した。今年に入ってウエート器具を新調し、体幹を含めた強化でスイングスピードが向上。その成果が森木に浴びせた6安打だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース